☆~預かりわんこと日向ぼっこ~☆
動物愛護団体『ちばわん』活動を応援しています。。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


☆元ちゃんったら~☆
あれっきり、これっきり、吠えに対する苦情の話しがこなくなった・・・。



ところで、今後のことを考え、鎌倉山の眼科専門でやってる動物病院へ行ってきました。

獣医さん、『眼圧調べてみたことある?調べてみましょうね。』

ドキドキしながら待つこと数分、『なんとも異常はありませんねー』

白内障進行しているだろうと思っていたもんだから治るものなのか聞こうと思っていたのに

白内障でも緑内障でもないって。目が白くなっているのは、水晶の濁りだそうで・・・

先生が濁りの状態からして、元ちゃんは13~14歳ではないかとおっしゃいました。

えええ~!?うそでしょ~。あ、でも、これで今までの経緯が繋がったぞー。



約2年前に推定7~8歳と言われていたけど、既に10歳超えのシニア犬。

かなり放浪期間が長かったのか激やせの状態だった元ちゃん。あばらが浮いていて顔がやたら

大きく見えたっけ。

やっと食事にありつけて、これからって感じだったけど、重度のフィラリアでもあったし、

それに加え心臓もよくないと言われ一時期は抗生物質も飲んでいたっけ。そのせいで

膀胱炎を発症してしまって治療の日々だった。

我が家の子に迎えたとたん、特発性前庭障害という病気になってしまった。

毎日毎日訳もわからず泣き叫ぶ日々。私の意識が朦朧とする日々が続いたっけ。

食事も大変、排尿排便も大変だったな。

今じゃ、訳もわからない吠えがないわけじゃないけど、困りの程度が変わってきた。



日中は寝たきりが続いている。夜はわりと元気に動きだす。視力が左目に若干あるだけなので、

自分からトボトボと歩こうとしない。

要求吠えということをする。お腹が空いた~とか、お水がほしい~とか。撫でて~もいってるのかもしれない。

夜中ゴソゴソ動いている音で目が覚め、お水をあげるとがぶ飲みする元ちゃん。

朝起きると、ゲージの中はウン○とおしっ○が踏みつけられていることが多くなってきた。

テンションがあがっているときは私の言うことなんか、これっぽちも聞いてくれないから、

私の腕だって何だって思いっきり噛んでくる。腕の感覚が遠のくほどに。

咄嗟に元のお尻を思いっきり叩いて、口を開けてもらう作戦しか思い浮かばない私。

犬の神様ごめんなさい・・・でも、私の腕のことも助けてください・・・。


2010.1.17に我が家にやってきた元ちゃん。

1年ちょっとしか経っていない家族だけど、彼との間には旋風という言葉があうかもしれない。




痴呆症になり始めている元ちゃん。
        ・
        ・
        ・
しかし、一番つらいのは本犬なんだ。
        ・
        ・
        ・
治らないかもしれないけど、奇跡を信じて願い続けよう。
        ・
        ・
        ・
だって元ちゃんは、不死身のわんこだから。



まだまだ若いはずなのに・・・と思っていた元は、実はシニア犬でした。

それを知ったらなんだかスッキリ♪ 身体のあちこちが弱ってきたって当たり前じゃん。

落ち着いているときの元は、私の話しを聞いてくれて、まばたきで返事をしてくれる。

なんて可愛い元じいちゃん。








スポンサーサイト




Copyright © ☆~預かりわんこと日向ぼっこ~☆. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。